まず事業再生というのは、企業が倒産という自体を招いてしまった場合、その会社をそのまま清算するのではなく、抱えている債務の一部を免除したり、弁済期の繰り延べといったことをしながら、徐々に事業を再構築していくことを言います。

それに対し、企業再生というのは、実質的破綻状態に陥っていたり、または債務超過状況の企業に対して様々な方法を行い、法人格をキープしつつ立ち直らせていくことを言います。

両者は似ているようで大きく異なり、事業再生は企業再生のように企業そのものを再生するのではなく、事業に着目した概念ということになります。

このような事業再生や企業再生を行うにあたり、資金繰りがショートすることなく回るようにすることは必須の条件となり、とにかく事業運転資金の調達が最優先課題となります。

しかしそのような状況ではビジネスローンや商工ローン、事業者ローンといった融資商品を利用して借り入れするのは正直難しいところです。

融資を断られた場合はもちろん、とにかくすぐに資金調達をする必要がある場合には、売掛金を買い取りしてもらえるファクタリングへ申し込みをしてみてください。

事業再生や企業再生中でも、安定した売掛金があり、また来月に100万円以上の入金が予定されていれば、特に問題無くその日のうちに資金繰りをすることが出来るのです。お金借りる際に即日なところ